土曜日, 9月 26th, 2009...1:53 PM

ジダン、将来は監督に?

Jump to Comments

ジズーは、将来タッチライン際で指揮を執ることも視野に入れているようだ。元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏の1998年ワールドカップを制した チームメートのローラン・ブラン(ボルドー監督)、ディディエ・デシャン(マルセイユ監督)は、すでに監督キャリアをスタートさせている。

フランス『レキップ』とのインタビューで、レアル・マドリーのペレス会長のアドバイザーを務めるジダン氏は、自身の将来について語った。
「私には学ぶ機会がある。うれしいことだね。いつかクラブを担当する機会があるということは理解している。良いことなんじゃないかな」
「将来そう決断するだろう。もちろん、その決定は様々にジャッジされるだろう。ただ、それにはまだまだ長い道のりがあるよ」
なお、レアル・マドリーは来週行われるチャンピオンズリーグでマルセイユをホームに迎える。自身の憧れのクラブと古巣の対戦をスタジアムで観戦するジダン氏は、レアル・マドリーへの忠誠を強調している。
「試合が始まれば、私はレアル・マドリーとともにいるよ」と、ジダン氏は断言した。

ベッカム、リバウド、ベロン、トッティと同じ時代に数々の司令塔・キャプテンがいるが、「将」といえばジダンしか思い付かない。

名選手が名監督になるとは限らないがこの人がコケるとはどうしても思える・・・

それくらい当時フランス代表をまとめいてたイメージがありますね。

援交なんてするガラじゃないけどね。


Comments are closed.